しゃもじ

娘と日々遊びに行く児童館には、
ままごとキッチンが設置してあります。
食材になるのは、先生方が手作りしてくれている、
カラフルなフェルト製の何にでも見立てられるようなものだったり、
お醤油やマヨネーズの空きボトルだったり、です。

何やらいろいろと混ぜて味付けして作ってテーブルに運んできて、
きちんと手を合わせていただきますをして、
プラスチックの寸胴鍋から直に(!)
フォークに絡めて口に入れる真似をして。
エアもぐもぐをして、「おいしっ」とニッコリするのは、
我が子でも他の子でも可愛いものです。

しかしたまに驚かされるのは娘、
しゃもじを使う前におもむろに立ち上がり、
前述のキッチンに向かって行くのです。

水の出ない蛇口にちょっとかざしてから、
しゃもじを持って戻ってきて。それから鍋を混ぜだします。
なるほど、私が普段やってることそのまま。

我が家のキッチンは調理中は娘に背を向ける格好になるのですが、
しゃもじ濡らして使うの見られてたんですね。気付かなかった・・・。
何でも真似しちゃうんだなぁ、滅多なことはできませんね。
相手が一歳児であっても、油断できません。
ささやかながら、ちょっぴり気の引き締まる出来事でした。
http://www.louscheimerproductions.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)